TOP > 洋服のトラブル事例 > パンツのトラブル事例

洋服のお困りごと事例

パンツのトラブル事例


テーパードにもできる?パンツのシルエットを細くしてみませんか?

しばらく履いていなかったパンツ、状態はとても良いのですが、昔流行したシルエットなので、今履くのにはなかなか勇気がいる…そんなことはありませんか?
パンツのスタイルは、ベルボトムのような裾の広がったものから、ストレート、スキニーとシルエットが細くなっていくもの等があります。最近はテーパードといい、裾が細くなっているものが増えている傾向があります。ストレートとテーパード、それぞれ履いている姿を比較すると、テーパードのシルエットのほうが上品に見えます。また、足元にしわが寄らないことで視線が届かず、結果として足が長く見えるという効果もあります。
当店ではパンツのシルエットを細くするお直しにも対応しています。お持ちいただいたパンツを店内のフィッティングルームで合わせていただき、どういうシルエットにするかをお客様と相談して決めてからお直し作業に入りますのでお気軽にご相談ください。しばらく履いていなかったパンツ、新たに生まれ変わらせてみませんか?

パンツのシルエットについてのお直し詳細はこちらへ


スーツのパンツ、股下が破けてきました

長い間使っているスーツのパンツ、歩いている間に内股が擦れてしまうことや、座る際に椅子の座面に当たることで、股下の生地が薄くなり、破けてしまうことがあります。ジャケットはまだまだ着られるからとパンツだけを新しくしようとしても、まったく同じパンツを見つけることは難しいですし、あったとしても逆にジャケットがくたびれたように見えてバランスが悪くなってしまいますし、このために一式を揃えなおすとなるとそれなりの出費になります。
そこで、当店でパンツの股ずれのお直しをするのはいかがでしょうか?ちょっとした裂け目から、大きく破けてしまったものまで、ぜひ店頭にお持ちいただきご相談ください。共布があれば補強もしやすくなりますが、もしない場合でも、折り返しの部分等から切り取って対応する等、お直し専門スタッフが丁寧な作業でお直しいたします。日々着用するスーツのパンツが長くお使い頂けるようになります。

パンツの股ずれについてのお直し詳細はこちらへ


パンツの股上を浅くしたい

昔に購入してしばらく履いていなかったパンツ、今の流行とは異なるシルエットだからまだまだ綺麗だけど今履くのは流行遅れで悩んでしまうなんてことありませんか?パンツの股上にも流行があり、最近はレギュラーからローライズ、ヒップハンガーと浅いものが好まれるようになりました。ローライズのパンツはウエストのしめつけがないため、履いていて快適です。食事等でお腹がふくれても比較的余裕がありますし、椅子に座ったときの窮屈感もありません。また、股上の面積が少ないため、お尻が小さく見えます。また、腰回りの露出が多くなるためセクシーに履けるのも魅力です。
当店では、股上を浅くしたい方からのご相談もお受けいたします。ただし、ベルトやポケットの位置関係が変わってしまうため、お持ちいただいたパンツを確認しながら、お客様とよく相談させていただき、慎重にお直し作業をさせていただきます。パンツのデザインによっては、難しい場合もございますが、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

パンツの股上についてのお直し詳細はこちらへ


ウエストが入らなくなった方も、だぶついている方もピッタリに

愛着ある一着だからこそ長く着こなしていきたい、しかし人は歳を重ねるごとに体形が変わっていくことは避けることができません。初めて履いた時はぴったりだったパンツも、年月が経つとウエストがきつくなることや、逆にだぶついてしまうことがあります。
パンツのヒップや裾幅を体形に合わせたり、流行に合わせたシルエットに直して、長く履き続けていきたいと思うこともありますよね。
当店では、ウエストのサイズ調整から、全体的なシルエットの調整までお直しで対応いたします。ウエストを広げることも、細めることも可能です。お持ちいただいたパンツを店内のフィッティングルームで合わせていただき、履き心地やシルエットのイメージを確認しながらお客様とお直し内容を決めていきます。また、メンズのパンツのタックを外すことも可能です。

パンツのサイズ調整についてのお直し詳細はこちらへ

洋服のお困りごと事例一覧へ戻る

お渡し日目安

現在時刻でのお預かり 受付

前後
前後

ビック・ママ公式

  • Instagramでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする