TOP > 洋服のトラブル事例 > バッグ・財布のトラブル事例

洋服のお困りごと事例

バッグ・財布のトラブル事例


革に傷がついていますが直せますか?

革のバッグや財布は愛着が湧くものです。お気に入りの革のバックや財布を使い続けることは楽しいですよね。日頃のこまめなメンテナンスで、だんだんと手になじむような感覚になっていきます。しかし、繰り返し使っていく中で、気を付けていても革の部分に傷がついてしまうことがあります。バッグの角の部分や持ち手は擦れやすく、色が剥げた擦り傷になります。財布の場合、折り返しの部分は痛みやすくなりますし、使用中に爪や尖ったものに引っ掛けて深い傷がついてしまうこともあります。
革についた傷は、その内容にもよりますが、擦り傷については色を入れなおすといった補修で目立たなくさせることができます。
当店では、バッグ・財布といった革製品の補修にも対応しております。お持ちいただいたバッグの状態を確認した上で、メンテナンス内容についてお客様とご相談させていただきます。

バッグ・財布の傷についてのお直し詳細はこちらへ


雨に濡れて、革にシミ跡が残った

革は水濡れに弱いもの。でも、革が水濡れに弱いからと言って雨の日に鞄や財布を持たないで外出することはできませんよね。また、急なにわか雨に濡れてしまうこともあるかと思います。新品で購入したものについては、なるべく早めに防水スプレーをかけることで、水濡れをある程度防ぐことができます。では、一旦濡れてシミ跡が残ったバッグは諦めるしかないのでしょうか?この場合も、丁寧な補修をすることで、シミ跡を目立たなくすることができます。これは革用ワックス等のメンテナンス用品をお持ちの方の場合、ご自身でも対応できます。しかし、自分で対応すると失敗してしまいそうで心配だという方、またメンテナンス用品をお持ちでない方の場合は、ぜひ当店へご相談ください。革の状態を拝見させて頂いた後、お直し専門スタッフが丁寧にお直しをいたします。

バッグ・財布のシミ跡についてのお直し詳細はこちらへ


愛用のバッグ、ストラップがひび割れてきました

お気に入りのバッグですが、日々使っているうちにストラップがひび割れて切れてしまいそう、という経験がある方もいらっしゃるかと思います。革はしばらく使っている間に、栄養分が抜け乾燥していきます。また使用中に水や汗に濡れてしまいますと、劣化が速くなります。日々のお手入れをすることで、革製品は長く使うことができますが、色々な事情で革にひびが入ってしまうこともありますね。
もし、ストラップがひび割れてしまった場合でも、一度当店にご相談ください。ひび割れてしまったストラップそのものを修理するのは難しい場合がありますが、新しいストラップに交換することができます。ストラップを交換する場合、お客様とご相談のうえ、デザイン的に違和感がないもの、あるいはイメージチェンジをはかるもの等、お直しのプランをご提案させていただきます。お直しすることで、愛用のバッグを長くお使い頂けるようになります。

バッグのストラップのひび割れについてのお直し詳細はこちらへ


全体にくたびれている革を新品のように蘇らせます

バッグ・財布等の革製品は、使っている間に細かい傷や濡れシミ、汚れがついてしまうことがあります。また、色染めしてある革がだんだん色あせてくることもあります。これらの理由は、革から栄養成分が抜け、乾燥することが原因です。そのほか、気がついたらファスナーやマグネットの部分がほつれていることもありますよね。革製品はメンテナンスをこまめに行うことで長く使い続けることができますが、友人や家族から譲り受けたものや、ユーズド品を購入した場合は、はじめから革全体がくたびれている感じになっていることもあります。
当店では、バッグのクリーニング、カラー補修に対応しております。ご要望やご希望をお聞かせ頂いたうえで、丁寧なクリーニング処理、カラー補修を行い、新品のような色つやを復活させることができます。また、バッグのファスナー、マグネットの交換も行います。なお、型崩れに関しては、ご希望に添えかねる場合がありますので、実物の状態を見ながらご相談いただいた後、実際のお直し作業をいたします。バッグ・財布等の革製品を長く使い続けたい方にはぴったりのプランです。

バッグ・財布のリフレッシュについてのお直し詳細はこちらへ

洋服のお困りごと事例一覧へ戻る

お渡し日目安

現在時刻でのお預かり 受付

前後
前後

ビック・ママ公式

  • Instagramでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする