TOP > 洋服のトラブル事例 > スーツのトラブル事例

洋服のお困りごと事例

スーツのトラブル事例


体重が増えてしまったので、ウエストを広げたい!!

日々スーツ姿でお仕事を頑張る皆様の中には、密かにお腹周りがキツイまま、スラックスやパンツを履き続けている方もいるかもしれません。
空腹時はボタンが閉まっているけれど、飲み会などに参加した時には、かなりお腹がきつく、ウエストのボタンを開けないとかなり苦しい…そんな経験をお持ちの方も多いのでは?小さめのウエストで日々我慢していると、思わぬ内臓の不調や、腰痛を引き起こすことにもなりかねません。そんな、人には言えないウエストサイズの変化には、ぜひ我慢せずにウエスト周りを大きくするお直しをトライしてみるのはいかがでしょうか。
パンツやスラックスは、お尻や両脇部分の縫い代を利用することで、+5cmまでサイズアップが可能です。スカートの場合は、縫い代が少ないため、平均的には+3.5cmまでサイズアップが可能です。実際にはそれぞれのお品ごとに、デザインや縫い代の量などでサイズアップ可能な幅には差があります。まずは当店まで、お気軽にご希望をご相談ください。

スーツのスラックス・パンツ、ウエストのお直し詳細はこちらへ


ダイエットに成功!スーツのサイズを小さくお直し!

「ダイエットに成功して、理想の体型を手に入れたのは嬉しいけれど、1年前に購入したお気に入りのスーツのサイズが合わなくなってしまった」など、実際のウエストに比べて大きすぎるスーツのウエストサイズにお悩みをもっている方もいらっしゃると思います。当店ではもちろん、大き目のウエストをジャストサイズにお直しすることも、もちろんOK。ゆるゆるのウエストをベルトで締めてその場をしのいでいた貴方も、この機会にジャストサイズにお直しをして、サイズが合わない気持ち悪さやストレスを解消してみてはいかがでしょうか。
ウエストのサイズ詰めの場合は、お尻側の縫い代と、両脇の縫い代でサイズ調整をしていきます。三つの箇所で調整を行うので、全体のデザインやシルエットを崩さずに、自然にウエストサイズをダウンすることが可能になるのです。
ウエストサイズが合わないことで、クローゼットにしまい込んだままになっているスーツがあるなら、この機会にお直しをして再度ワードロープの仲間入りをさせてあげてはいかがでしょうか。
もちろん、メンズ・レディースともにスーツのパンツ・スカートだけでなく、ジャケットも併せてサイズダウンが可能です。ぜひ、あわせて当店にご相談ください。

スーツのサイズお直し詳細はこちらへ


虫食いや、たばこであいた穴のお直し

上質な生地に惹かれて購入したお気に入りのスーツは、できればきちんとお手入れをして、長く愛用したいもの。それでもどんなに気を付けていてもやってしまう、または気づかない間にできてしまっているのが生地ダメージ。
生地の織糸が外に出てしまい、意外に目立つ「糸引き」や、大小関わらずに大きなダメージとなる「虫食い」、「コゲ穴」など。できてしまったらもう諦めるしかない、と思われがちなこれらの生地ダメージも、実はお直し可能だってこと、ご存知でしたか?
それぞれのダメージの状況によって、対応する技術も様々ですが、共生地の糸をほどいて生地を編み直し、周りを目立たなくする「かけつぎ」・「かけはぎ」といった技術を使うことで、かなり大き目のダメージも、パッと見は分からなくなるくらいにまで、修復をすることが可能です。
実際にはダメージの大きさや、生地の種類によって、対応後の出来栄えには多少差が出てしまいますが、それでも諦めていたお気に入りのスーツがまた着られるようになるお直しがあるなら、使わない手はないですね。

スーツの生地ダメージ、お直し詳細はこちらへ。


体型の変化による股ずれをお直し

男性のスーツの悩みで少なくないのが、摩擦により、内また部分の生地だけが薄くなってしまう「股ずれ」の悩みではないでしょうか。
内または、歩いたり、自転車に乗ったりする動作でどうしても日常的に摩擦が生じる場所なので、股ずれは、長く愛用しているスーツほどよく現れがちなダメージなのです。
最近では、股ずれを事前に防ぐために、股部分に当て布を加工するような事前ケアもあるようですが、事前ケアをする前に股ずれが起こってしまった場合には、ぜひ諦めずにお直しを。
当店では、股ずれ部分に同系色の布を当て(場合によっては、裾の折り返し部分から共布を切り取ることも可能です。)上からミシンをかけていく方法でお直しをして行きます。股ずれにお悩みの方にはオススメの方法です。ぜひご相談下さい。

スーツ、股ずれのお直し詳細はこちらへ

洋服のお困りごと事例一覧へ戻る

お渡し日目安

現在時刻でのお預かり 受付

前後
前後

ビック・ママ公式

  • Instagramでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする