TOP > トラブル事例 > 制服の手入れで困った点と事例

トラブル事例

制服の手入れで困った点と事例


制服のスカートが長いので裾上げしたい

制服のスカートをウエストサイズで選んだら、思った以上に丈が長かったというケースがよくあります。また今後の成長を考えて長めのスカートを買う人も多く、初めて着る前に裾上げをしなければなりませんよね。
吊りスカートの場合は紐をつめるだけで調節がしやすいことも多いですが、プリーツスカートの裾上げは手間がかかります。将来的に裾を伸ばすことを考えると裾上げした部分はカットせずに残さなければならず、またプリーツ部分の処理も手間がかかります。
時間がかかる制服のスカートの裾上げも、当店ではキレイに仕上げることができます。お直し専門スタッフが丁寧に一点一点仕上げるため、処理の難しいプリーツスカートの裾上げも安心です。裁縫が苦手という方や、忙しくて裾上げの時間を十分に確保できないという人にもオススメですので、ぜひ一度当店にご相談ください。

制服のスカート裾上げ、お直し詳細はこちらへ


体型が変わり裾や袖が短くなった

思った以上に子どもたちの成長のスピードは早いものです。
つい最近裾や袖の調節をしたばかりなのに、いつの間にか制服の裾や袖が短くなっていることがよくありますよね。頻繁に裾のばしや袖のばしをするのは意外と時間と手間がかかり、忙しい人にとっては大変な作業です。
特に裾や袖の調整は折り返しの線をキレイに伸ばすのにはコツがいります。また袖を伸ばす時はボタンの位置をずらしたり、飾りがついている場合は移動をさせたりと細かい作業が必要なことも。慣れていないと仕上がりが不自然になる可能性もあり、慎重に作業を進める必要があります。
当店では制服の裾のばしや袖のばしも承っています。自分ではキレイに仕上げる自信がない方や、袖部分に飾りがあって処理が複雑な場合もスタッフが適切な処理を行いキレイに仕上げることができます。学校行事などで素早く裾や袖のお直しをしたいという方もお問い合わせください。

制服の裾や袖のお直し詳細はこちらへ


制服のお直し

制服を購入するとき、長く着られるように少し大きめのサイズを選ぶのが一般的ですよね。しかし新しい制服に腕を通す前に一旦サイズを調整する必要が出てきます。また体の成長や体型の変化に合わせて頻繁にサイズ直しをしなければなりません。袖を直したと思ったら今度は裾の長さ…というように、体の部位によっても成長スピードが異なるため、何度もサイズ直しをするのも時間と手間がかかって大変です。学校行事やイベントまでにお直しをしなければならないこともあるため、短時間でキレイに仕上げるのも簡単ではありませんよね。特に肩幅の調節や背、脇などは自分で調節する機会も少なく、プロに任せた方が安心です。
制服のお直しでお悩みの方は、まず一度当店にご相談ください。袖や裾の長さ調節はもちろんのこと、肩幅や背、脇や衿といった普段あまり調節する機会の少ない部分のお直しも対応しています。また袖口のデザインを移動させたり、傷んでしまったファスナーの交換なども行っているため安心です。

制服のお直し詳細はこちらへ


制服の膝が破れてしまった

制服のお悩みでよくある事例の一つに、膝の破れがあります。
ちょっとした不注意で転んで制服に穴があいてしまう、何かに引っ掛けて制服が破れてしまう等といった時の対処は意外と難しいものです。また大きな破れではない場合でも、机や椅子にひっかけて小さな穴やほつれができるということもよくありますよね。膝の破れやズボンにできた穴、ほつれを直したいけれど、その対処方法が分からない方やキレイに直せるか自信がない方は、専門家に修理を依頼するのがおすすめです。
サイズの小さな穴やちょっとした破れの場合はかけはぎでキレイに修復をすることができます。穴が開いた部分をふさぐために、一本一本糸を通す必要があるため、根気と技術が必要な作業です。ただし、かけはぎは高い技術を要する作業のため依頼をするお店をしっかり選ぶことがポイントです。
当店ではお直し専門スタッフが丁寧に仕上げるため、膝の破れや穴をキレイに直したい方は是非ご相談ください。家庭ではなかなかできない方法ですが、穴があった場所がわからないほどキレイに仕上がるため制服のお直しにもぴったりです。

お直し詳細はこちらへ

お渡し日目安

現在時刻でのお預かり 受付

ビック・ママ公式

  • Instagramでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする