TOP > 洋服のトラブル事例 > ジーンズのトラブル事例

洋服のお困りごと事例

ジーンズのトラブル事例


ジーンズの裾上げ、仕上げ方の差いろいろ

ジーンズのトラブルで一番多いのが、「裾上げ」にまつわるトラブル。
特に量販店での購入の際に、あまり知識や経験のない店員さんが裾上げをしてしまうことで、希望の長さとは違う仕上がりになってしまったり、また当初のデザインや雰囲気を損ねる仕上がりになったり、ということもあるようです。
裾上げをお願いする際は、すべてを店員さん任せにするのではなく、計測時の腰の位置や、靴を履いた時の裾の長さや左右のバランスなどを、自分自身でもしっかりとチェックをすることもお忘れなく。
当店では、裾上げの専門スタッフが、ジーンズのシルエットに留意しながら、お客様の要望に応える形で丁寧に裾上げを行います。もちろん、特殊なミシンが必要なチェーンステッチでの裾上げも対応していますのでご希望の方は、お気軽にご相談ください。また、デザインや仕上がりにこだわる方のために、購入時の裾のアタリやダメージ加工をそのまま生かした裾上げも可能です。この場合は、裾の上のあたりで長さを調節して、最終的に当初の裾部分を縫いあわせて行きます。大切なジーンズの裾上げは、ぜひとも当店にご相談ください。

ジーンズ、裾上げのお直し詳細はこちら


ブーツカットのジーンズをスリムかストレートに直せる?

好みは常に移り変わるもの。以前は大好きで履いていたブーツカットのジーンズを、今の流行に合わせて、スリムかストレートのパンツにリメイクしたい…。
実は、この要望に応えるためには、1カ所のお直しでは済まないため、相当の専門知識に加え、技術と経験が必要です。
でも、安心してください。当店なら、お直し専門スタッフが、貴方のご要望にお応えしながら、丁寧に対応させていただきますので、きっと納得のリメイクが実現可能です。料金的にも、もうひとつ新しいジーンズを新調することに比べれば、リーズナブル。
今まで大切に履いていた思い出のジーンズを、これからも長く愛用するためにも、デザイン変更のリメイクに関するご相談、お待ちしております。

ジーンズ、ブーツカットをスリムかストレートに変更、リメイクお直し詳細はこちら


お気に入りのジーンズのファスナーが壊れちゃった!

お気に入りで、大切に履いていたジーンズ。ほぼ毎日履いていたためか、ファスナー自体が壊れてしまって、自分では修復不可能。そんな時はすぐに当店にご相談ください。
壊れてしまったファスナーの修復は、外から見てもほぼわからないようにお直しが可能です。また、ジーンズのファスナーの故障に次いで多いトラブルなのが、ボタンが取れてしまったというお悩み。当店では、ジーンズ独特のあのスチールボタンのお直しも対応可能ですので、壊れたボタンはそのままに放置せず、すぐにご相談を。
その他にも、ボタンダウンのフロント部分をファスナーに付け替えるお直しも可能です。

ジーンズのファスナー、ボタンのお直し詳細はこちらから


あきらめていた、ジーンズ股の穴が…

ジーンズを長く愛用することで多くみられるトラブルといえば、摩擦により、内また部分の生地が薄くなってしまう「股ずれ」の悩みではないでしょうか。
内または、歩いたり、自転車に乗ったりする動作でどうしても日常的に摩擦が生じてしまう場所なので、長く愛用している場合ほど、よく現れがちなトラブルです。
ジーンズは、履けばはくほどカラダにフィットして履きやすくなるなど、ヴィンテージ愛好者でなくとも、できるだけ長く付き合っていきたいもの。
だけど股ずれのせいでやむなく愛用のジーンズの処分を考えていた貴方、ぜひ諦めずにお直しを考えてみてはどうでしょうか。当店では、股ずれ部分に同系色の布を当て、上から丁寧にミシンをかけていく方法でお直しをしていきます。
良くよくみると、お直し部分がわかる形でのお直しにはなりますが、通常、履いてしまえばかくれてしまう場所、ということもあり、普通に外から見る限りでは、お直し部分はさほど気になりません。
股ずれ部分のお直しには、いくつかの方法があります。お直し部分の大きさや仕上がり具合によって金額も異なってきます。まずはぜひ、お気軽に当店へご相談ください。

ジーンズ、股ずれのお直し詳細はこちらへ

お直し事例一覧へ戻る

お渡し日目安

現在時刻でのお預かり 受付

前後
前後

ビック・ママ公式

  • Instagramでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする