TOP > 洋服のトラブル事例 > SOS!こんな時の応急処置はどうしたらいい?~袖の長いシャツ対策

洋服のお困りごと事例

SOS!こんな時の応急処置はどうしたらいい?~袖の長いシャツ対策

「袖口からシャツの袖が出てしまい、とてもみっともない……」
「プライベートならともかく、仕事のシャツなのにスーツから出てしまうのはちょっと……」
社会人にとって、「スーツの袖口から出てしまうシャツ」は、なんともみっともなく、不格好なもの。それを解消するための方法としては、どんなものがあるのでしょうか。

シャツの袖が長くてジャケットやスーツから大幅にはみ出てしまう、こんな時はどうしたらいい?
肩幅や首回りなどに合わせてシャツを選ぶと、袖があまってしまう、ということはよくあります。特に体格が良く、太り気味の人だと起こりやすい現象です。
この悩みを根本から解決する方法としては、「着るシャツをすべて自分用に仕立ててもらう」という方法があります。
しかしこのやり方はお金も時間も手間もかかりますから、現実的ではありません。
そのため、「既製品のシャツを利用するときに、余った袖をどう処理するのか」を考える方が現実的だと言えます。

応急処置方法
応急処置の方法はいくつかあります。
まず、袖口のボタンの位置を変える方法です。袖口のボタンを内側にずらしてとめると、だぼつき感が少なくなります。
これによって、袖が少し長いシャツであっても、きれいに着こなすことができます。
この方法は、小学生程度の家庭科の技術があれば誰にでもできる方法ですから、チャレンジしてみるとよいでしょう。
もう一つの方法は、シャツガーターを使う方法です。シャツガーターには、2つのクリップがついています。
1つを二の腕の位置で止め、シャツを釣り、もう片方のクリップでちょうどよい長さに留める、というものです。
映画やテレビドラマなどで見たことがある人もいるのではないでしょうか。
お洒落さを兼ね備えた大人のためのアイテムです。

裁縫が苦手・シャツガーターはつけたくない人はどうしたらいいの?
シャツの袖口の調整は、それほど難しいものではありません。
余る量が多くなければボタンの位置で調整できますし、そうでなければシャツガーターを使えばよいからです。

ただ、
・ボタンでは調整できないほど長い
・シャツガーターを毎日つけるのは面倒
という人の場合は、「お直し」をすることをおすすめします。
この「お直し」は、「袖詰め」という形で、自分でも行うことができます。
しかし、「家庭科はそれほど得意ではなかった」「仕事で使うシャツなので、きれいに仕上げたい」と考えるのであれば、プロに頼む方が安全です。

洋服のお困りごと事例一覧へ戻る

お渡し日目安

現在時刻でのお預かり 受付

前後
前後

ビック・ママ公式

  • Instagramでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Lineでシェアする