ホーム > 子ども・子育て支援新制度とは? > 小規模保育A型とは?

小規模保育A型とは?

小規模保育って認可保育?認可外保育?

平成27年度に作られた「子ども・子育て支援新制度」によって、新しく作られたのが、市町村の認可を受けて行う地域型保育事業です。これは0~2歳児を対象にしたもので、家庭的保育、小規模保育事業、事業所内保育、居宅訪問型保育の4つに分類されています。
その中のひとつである小規模保育は、少人数(定員6~19名)を対象にした、家庭的保育に近い雰囲気できめ細かい保育をおこなうものです。以前は認可外保育でしたが、新制度から認可保育となりました。保育施設の分類でみると、以下の位置になります。

小規模保育って認可保育?認可外保育?

小規模保育って認可保育?認可外保育?

小規模保育A型の特徴って?

小規模保育は表を見ていただくとわかるように、3つに分かれています。この3つの違いは職員の資格の厳しさです。
A型は…職員全員が保育士
B型は…職員の半分が保育士
C型は…保育士でなくとも、家庭的保育者(市町村長が行う研修を修了し、保育士と同等以上の知識及び経験を有すると認められる者)であればOK
となっています。つまり一番資格が厳しく、認可保育園に近い保育を受けられるのはA型ということになります。
ただどのタイプであっても19人以下の定員ですので、大人数が苦手なお子さんの場合はむしろ少人数できめ細かい保育が受けられます。子ども一人当たりに対する保育者の割合というのも、大きい認可保育所と違います。大きな保育所は0歳児は子ども3人に1人の保育者。一歳児以上は子ども6人に1人の保育者がいることを義務付けられています。ですが小規模保育の場合は、0歳児も一歳児以上も子ども3人に対して1人が義務付けられています。目が離せなくなる1歳児以上の子どもにしっかり保育士の目が届く。これも小規模保育の大きな特徴といえるでしょう。
また、小規模保育ならではのデメリットとしてよく挙げられるのは、「園庭が無い園がある」ということです。小規模保育はマンションの一室などで開園しているところも多いので、庭が無いところもあります。近くの公園までお散歩に行くなど、それぞれの園で工夫をする形になっています。
またこれは小規模保育だけでなく、地域型保育すべてにあてはまる問題なのですが、2歳までしか預けられないという問題があります。つまり3歳からの預け先を新たに探す必要が出てくるのですが、地域型保育では卒園後の通い先を確保するため、あらかじめ保育所、幼稚園、認定こども園連携施設が設定されています。この連携施設に優先的な利用枠を設けることで、3歳以降も円滑に保育が利用できるしくみができています。まれに連携施設が設定されていないところもありますが、そういう場合は、市町村が受け入れ先を調整するなどの支援を行います。その結果、受け入れ先が見つからなかった場合は、地域保育を続けて利用してもよい、という特例を設けられています。

保育料はどうなるの?

認可保育園の保育のひとつなのでA型、B型、C型関わらず、保育料は保育者の所得によって自治体が決定します。各地自治体によって多少の違いはありますが、基本的には認可保育所と同じ基準になっています。

申込み方法は?

認可保育なので、まずは市町村に直接認定を申し込みます。市町村から保育の必要性を認められると「認定証」が交付されるので、その後に希望する施設名などを記載して市町村に利用の申し込みをします。利用先が決まった後に契約となります。

まとめ

地域における様々な保育のニーズに対応するために、生まれたのが地域保育です。中でも一番認可保育園に近いのは、小規模保育A型です。子ども一人あたりの保育士の数も多いので、大型化保育園と家庭保育のよいところを取り入れられる保育といえるでしょう。

採用情報

pagetop